ガジェット

【簡単設定】Magic Keyboard US配列の「かな↔︎英字」切り替えをアプリなしで設定する方法

Magic Keyboard US配列を購入して4ヶ月が経ちました。

見た目もカッコよく、タイピング時の感触も申し分ないのですが、1つ気付いたことがあります。

それは、かな入力と英字入力を切り替えにくいことです。

本記事ではアプリをインストールすることなく簡単に切り替えできる方法を紹介します。

デフォルトの「shift+option+z」や「shift+option+s」は押しにくい

Magic Keyboardでは「shift + option + z」でかな入力、「shift + option + s」で英字入力に切り替えができます。

しかし変換のたびに、3つのキーを同時に押すのは少し面倒です。

「shift + option + z」ならまだしも、「shift + option + s」をキーボードを見ずに押せますか?

お恥ずかしながら、僕はたまに間違えます 笑

そこで便利なショートカットが「command + スペース」です。

※commandとスペースを同時に押すのではなく、commandを押した直後にスペースを押します。

「command+スペース」に設定するメリット

押すキーを間違えにくい

「command + スペース」で変換できるようになると、押すキーが減り、さらにキー同士が隣り合っているため、キーボードを見なくても間違えずに押しやすくなります。

実際、僕がこの切り替え方法にしてからは間違えていないです。

Googleスプレッドシートでメニューが表示されないで済む

僕は業務やプライベートでスプレッドシートを利用しているのですが、スプレッドシートで「shift + option + s」を押すと、このようにメニューが表示されてしまいます。

変換はできているものの、わざわざメニューを消さないといけないのが面倒です。

しかし「command + スペース」であれば、このような問題は起きません。

設定方法

画面左上のアップルロゴをクリックしてシステム環境設定を開く

キーボードをクリック

上部メニューのショートカットをクリック

左メニューの入力ソースをクリック

「前の入力ソースを選択」で指定されているショートカットをcommand+スペースに変更

変更したい箇所をダブルクリックして、適応させたいコマンドを入力すれば設定できます。

「command + スペース」でなくても「command + .」や「command + /」なども設定できました。

まとめ

「command + スペース」で「かな ↔︎ 英字」をすることで、Magic Keyboard US配列を使いやすくすることができます。

アプリをインストールすることなく、設定もとても簡単なので、ぜひ試してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-ガジェット

© 2023 OmatsuLog Powered by AFFINGER5